interphoneが選ばれる理由

モーターサイクル用Bluetoothインターコムのパイオニアであるinterphone。
イタリアの大手携帯電話周辺機器メーカー・Cellular Italia社が手掛けたinterphoneは、現在日本をはじめ世界60カ国に出荷され、その高いパフォーマンスで各国のライダー達から高い評価を得ています。
それは、ライディング中に使用する通信機器としての機能を満たしているからに他なりません。Bluetoothインターコムのグローバルスタンダード、それがinterphoneです。

最大6名まで多人数同時通話可能

最大6名まで多人数同時通話可能

ブリッジ接続によって、最大6名までグループ同時通話が可能。最大の特徴はグループ同時通話に別売りの装置を必要としないこと。
Interphone F5を購入すればペアリングするだけでOK。interphone F4、F3ともペアリングすることにより、同じグループとして使用することができます。
詳しくはこちら

※ただし、F4、F3は1グループ2台まで。
通話距離は、それぞれのスペックに準じます。

最大1.3kmを誇る圧倒的な「通信距離」

通話可能距離最大1.3km

通信距離を大幅に向上させ、高速道路上など直線で見通しがきく条件では、最大1.3km程度まで通話が可能。注)
グループでのツーリング時に真価を発揮します。また、3台でのインカム通話の場合は、同時通話のほかにどちらか一方を選択してプライベート通話もできます。用途が広がり、少人数でもグループでも会話が楽しめます。

注)2台接続時の最長距離。詳しくはこちら
※通話距離は、通話する人数や状況により変動します。
※interphone F4は最大500m、intephone F3はタンデム専用モデルのため、通信距離は10mに設定。

走行中でもお気に入りのラジオ番組が聴ける「FMラジオ内蔵」(対応機種:interphone F5)

仲間と会話していない時やソロツーリングでは、FMラジオ番組や交通情報、天気予報などを聴くことができます。8チャンネルまでお気に入りのラジオ局をメモリーすることができ、走行中いつでも情報を逃すことなく、安心してツーリングが楽しめます。携帯電話着信時には、着信音でお知らせ。

音声ガイドで簡単操作の「TTSアシスト機能」(対応機種: interphone F5)

100を超える種類の音声ガイドによって、各機能メニューやサブメニューの操作を丁寧にサポートする、「TTS(テキスト トゥ スピーチ)アシスト機能」を内蔵。
操作に慣れた時には音声ガイドを最小限にする「プロモード」に変更する事も出来ます。
現在、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、チェコ語に対応していますが、今後日本語も対応予定です。(パソコンからのアップロードで対応予定)

プログラムのアップデートが可能

パソコンのUSBポートから、簡単に最新バージョンへ更新することが可能です。

安心の「GPSナビ接続機能」(対応機種:interphone F5)

Bluetooth機能付きGPSナビ機器と接続すると、ナビ音声ガイドを聞くことができます。
さらに、特定のモデル※であれば、インカム通話中でもナビ音声が聞こえるので、ルート案内を聞き逃すこともありません。
また、A2DPプロファイルのみを搭載のGPSナビ機器(※※)、スマートフォン(iPhoneやAndroid OS)でもルートナビゲーションを聞くことが出来ます。(※※※)尚、この場合はインターコム通話中にはナビ音声を聞くことは出来ません。(ナビ音声を聞くにはインターコム通話を終了させておくことが必要です。)

※zumo550,660及び同等モデル
※※ MCN-43Si、BNS-430J、RM-XR430MC等(平成24年9月1日現在調べ)
※※※ 確認済みアプリ:Android OS採用携帯に標準装備されているGoogle マップナビ(ベータ版)。なお、使用するナビアプリによっては音声を携帯のスピーカーとイヤフォン端子には出力するが、Bluetoothに出力しないものもあります。詳しくは携帯電話メーカーやアプリケーション開発者にご確認ください。

ヘルメットにぴったりフィットする「薄型&曲線デザイン」

ヘルメットのカーブに沿うように薄型設計された本体は、風切り音を最小限に抑えます。本体表面はマットブラックのラバーコーティングを採用した高級感あるデザインで、コード類はヘルメット表面にほとんど現れないようレイアウトを工夫。ヘルメットに装着してもスッキリとした外観を保ちます。

高速走行でも非常にクリアな「音質」

風切り音カット機能、自動音量調整機能を採用するなど、
より良い「音」で通信出来る事にこだわりました。

■DSP(Digital Signal Processing)による風切り音カット機能

高性能無線機などにも採用されているこの機能は、通常会話で使用する音域以外をカットすることで風切り音や騒音を押さえます。
高速道路の走行でもお互いの声に雑音が混じることがなく、快適な通話が可能です。

■自動で音量調整を行うAGC(Automatic Gain Control)機能

停車時に好みの音量にセットすると、速度に応じて自動的に音量を調整するAGC(Automatic Gain Control)機能を内蔵。走行中に音量調整を行う必要がなくなり、安全なツーリングが楽しめます。

■ステレオ音声(対応機種:interphone F5,F4)

携帯電話、GPSナビゲーションシステム、ミュージックプレイヤー等で近年採用が増えているBluetoothのA2DPプロファイルに対応し、高音質なステレオ通信が行えます。
※interphone F3・F2は有線タイプのミュージックケーブルキット(F3:別売、F2:同梱)を使用することで、ステレオ音声に対応可能。

複数のBluetooth機器とつながる「マルチポイント接続」

マルチファンクションボタン

interphone F5、F4はマルチポイント接続機能を備え、最大3つ(F3、F2は2つ)のBluetooth機器を接続しておくことができます。切替えはセンターボタン(F5)、 マルチファンクションボタン(F4、F3、F2) を押すだけで簡単に行えます。状況に応じて接続機器が自動的に切り替わる、ユーザビリティー重視設計です。
また、携帯電話の自動応答機能等を設定すれば、走行中の機器操作は不要。通話の機会を逃しません。
<Bluetoothバージョン>
interphone F5 Bluetooth3.0
interphone F4 Bluetooth2.1+EDR
interphone F3、F2 Bluetooth2.0

※走行中の通話は危険を伴います。速度を落として安全な場所に停車してから通話して下さい。
また、一部の携帯電話では自動応答機能が使えません。

ロングツーリングもこなす余裕の「通話&待機時間」

連続通話12時間 連続待機700時間

連続通話時間はそれぞれ、interphone F5最大12時間、interphone F4最大10時間、interphone F3・F2最大8時間。長距離走行でも快適に通話を続ける事ができます。そして連続待機時間は全モデル700時間(約4週間以上!)を実現し、万一電源を切り忘れても安心。また、付属の充電器は、2台のinterphoneを同時に充電することができ、旅先でも非常に便利です。
USBケーブル(F5では標準。F4、F3、F2ではオプション)を使えば、市販USBバッテリーからの充電も可。

※連続通話・待機時間は、外部温度、通話距離、接続する機器の台数、音量により大きく変化します。

突然の雨! にも安心な「完全防水」

IP67 適合
防水機能は完全防水(IP67、注1)を達成。防水のみならず、防塵も同時に実現しており、悪天候時の走行でも安心してご利用頂けます。
(コネクターは確実に接続して下さい。なお、マイク、スピーカーは防水ではありません。)
注1:IPxxレーティング(等級)について:
電気機器のエンクロージャー(容器)の保護に関する国際電気標準会議(IEC)の規定IEC 60529/Edition 2.1:2001-02、および日本工業規格(JIS C0920)に基づく固形物の浸入(指、電線、ねじ、ホコリ)や水の浸入に関する保護に関する規格で、本機の場合、短時間の1m程度の水没で機器の動 作に影響しない性能です。
※上記は長時間完全な防水を保証するものではなく、暴風雨の中での高速走行や、高度(気圧)差がある特殊な環境などで使用する場合は、この限りではありません。

ヘルメットを選ばない「かんたん装着」

interphoneは取付も難しくはありません。面倒な加工をせずにヘルメットへ装着することができます。

※ハーフキャップヘルメットへの取付けは出来ません。
※イヤーパッドが取り外せないスモールジェットや、一部ヘルメットでは取付け加工が必要です。

■本体

2種類の取付けブラケット(挟み込み、貼り付けタイプ)が付属し、幅広い種類のヘルメットに対応しています。本体はブラケットとワンタッチで取り外しができ、盗難防止や充電時に便利です。

■スピーカー/マイクユニット

  • スピーカー/マイクユニットはヘルメットの種類に応じて「ユニバーサル」と「フルフェース」の2タイプを用意。「フルフェース」用の小型マイクはヘルメット着脱の邪魔にならないよう薄型にデザインされています。
  • 直径32mmの小型&高音質スピーカーは、マジックテープで位置が容易に調節可能。
  • ライダーの安全にも配慮し、右側のスピーカーはコネクターで取り外せる構造。
    「音楽を聞かない」、または「インターコム通話がメイン」といった場合は、外部の音が良く聞こえるように左側スピーカーのみで使用することも可能です。

■ウルトラスリム

※ウルトラスリムタイプのスピーカー(別売アクセサリー)
interphoneのスピーカーは比較的小型なので位置を微調整すれば耳に当たる事はほとんどありません。しかし、耳のスペースが狭いヘルメットやきつめに被っている方は、長時間ご使用の際に気になる場合もあります。別売のウルトラスリムフルフェースキットF5(F5専用)、ウルトラスリムフルフェースキットF4(F3、F2も適用可)のスピーカーは標準より薄く、装着感を改善する事が出来ます。

グローブ越しでも迷わない「らくらく操作」

メニューボタン、ボリュームボタン、センターボタンと、シンプルにボタンを配置。
厚手のグローブをしていてもはっきりと分かるエッジの効いたボタン形状、大きなストロークと適度なクリック感を持たせたスイッチで、操作性を更に高めました。

グローブ越しでも迷わない「らくらく操作」

interphoneの電源オン/オフ、接続機器の切替え、ペアリング作業はマルチファンクションボタンひとつで行えます。また、マルチファンクションボタンと音量調整ボタンは、グローブを着用していても位置がすぐわかるようにデザインされています。

製品比較表

製品比較表